☆家族・介護・ハンター・競馬・あれこれ☆みんなで楽しむブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8月のミラクルヒット

毎月恒例の、当ブログに辿り着かれたミラクル珍ワードのお時間がやってきましたよ

インターネットというものは凄いもので、適当に言葉や文章を検索してみれば、予想外のサイトやブログに繋がりますよね!

きっと何か気になることを調べようとして検索してみたら、偶然にもこんなブログに辿り着いただろうというような謎ワードがあるものです。

いろんな話題をごちゃごちゃと書く、当ブログならでは珍ワード。
今日は8/1~8/29までの解析結果の中からご紹介


「ァースト ソフトボール 声」
「ァースト」って何?
後ろの言葉から考えると、きっとファーストのことでしょう。
にしても「ァースト」って
さらに「声」ってなんだろう?
ファーストの試合中の声の出し方調べたかったのかな?
「ァースト」という言葉が1番声が出てない感がありますね。


「日本で1番人口の少ない都道府県」
はい、これ私即答出来ます。
鳥取県!


「私に水を少し持ってきてください」
どの記事にヒットしたのかは想像がつきますが、この台詞は書いていません・・・。
そうとう喉が乾いているのでしょうか?
でも、少しでいいんですよね!?

薬飲むのかな


「ケアマネ 不合格 原因」
これも即答出来ますよ。
勉強不足


「それが1番大事」
負けないこと。投げ出さないこと。逃げ出さないこと。信じ抜くこと。ダメになーりそうな時、それが1番大事ぃ♪
でも、この歌のタイトルは確か「それが大事」でしたよね?
「それが1番大事」というワードで、この短期間に2名の方が訪問してくださっています。


「リーチザクラウン 聞き間違える」
何をどう聞き間違えたんだ?
何かそういうニュースがあったのかな?


「ライギョ カムルチーの住む場所」
ライギョとカムルチーという呼び名を知っていることや、「いる場所」ではなく「住む場所」と検索したことからも、この魚をかなりリスぺクトしているのではないでしょうか。
そういえばこの前、ブラックバスを釣って車へ運ぼうとした男性が警察に逮捕され、氏名を全国に公表されていましたね!
どこか違う場所へ放流しようとしたわけではなく、しかも「車で」ではなく「車へ」ですよ!
車まで運ぼうとしてただけで逮捕され、全国へ名前を晒されるんですね。
このニュースの詳細はわからないのですが、警察は張り込んでいたのでしょうか?
まだその時点では外来魚を増やそうとはしていないので、その場でブラックバスを始末すれば許されないの?その人常習犯なのかな?そうとう態度悪かったのかな?見せしめでしょうか?
ライギョもたぶんそういった有害な外来魚に指定されてますよね?
こりゃ釣りに行ったりしたときの出来事も下手に書けなくなります。
釣り人の皆様。
ルールやマナーを守って釣りを楽しみましょう。
時代は流れ、いろんな法律が出来ています。



「鏡を見る 可愛くなる」
そ~だ!
なるなる。
お前は可愛くなる。
どんどん可愛くなる。

そんな気持ちを持つと素敵な笑顔が溢れることでしょう!


「ウォッカより強い」
教えてくれ~!
今、ウォッカより強い馬を教えてくれぇ~!!
いよいよ始まりますね。秋競馬。
新たなるスターホースは誕生するのでしょうか


「4人の世界 居酒屋怪誤」
なんと始まったばかりの当ブログ新シリーズの、ブログ名+記事名まで打ち込んで検索してくださった方がおられます!
ありがとうございます!!
お礼にシリーズの登場人物として出演してくださいませんか!?
ご連絡ください。


その他、普通の検索ワードでもたくさんの皆様に見ていただいて感激です!
未だに「WBC感想」というワードでの訪問もかなり多いのは驚きです。



そして今月当ブログに1番訪問が多かった検索ワードは!!

なんと!!!



「篠原ともえ」です!!
これは、私と同学年の方々が集まったらという妄想企画へのヒットですね。
何十人かのタメ年のスターの方々をご紹介したのですが、
「中村俊輔」でも
「堂本光一」でも
「浜崎あゆみ」でも
「MISIA」でも
「長谷川京子」でも
「矢田亜希子」でも
「○尾学」でもなく、
1番このブログに辿り着くための鍵になった同学年の人物は篠原ともえさんだったのです!
まだ、シノラーがいるということでしょうか



また、来月をお楽しみに


いつも元気をありがとうございます!
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ     
人気ブログランキングへ


皆様のブログでも、アリエナイ検索ワードありませんでしたか?
スポンサーサイト

居酒屋「怪誤」 第2話

不思議な居酒屋に入店してしまった春鬼。

車椅子で案内された席で待っていた、この店独自のシステムとは・・・・


「4人の世界」 新シリーズ

衝撃のホラー小説!?

居酒屋「怪誤」    第2話 同席者


「こちらのお席になります。」

「!?
相席なんですか!?」

車椅子で誘導された席はなんと相席だった。
どうにか4人がくつろげるくらいの部屋に、すでに3人が酒を飲んでいた。
店員は当たり前のように私にこう説明した。

「当店では4人部屋が10室、個室が10室の合計50席をご用意しています。
こちらの部屋の3人もみなさんおひとりで来店された方です。
なかなか空きが出ないので、空いたお席に優先的にご案内したのですが・・・
個室が空き次第そちらを希望されますか?
別途個室料金がかかることになりますが。」


「えっ!?
そうなんですね。そういうことならここでいいです・・・。」

この店は普通の居酒屋とはひと味違ったシステムがウリだとわかっていたことや、
先に飲んでいる3人もそれぞれに好きなように楽しんでいるようで、
あまり人見知りもしないし早く酒が飲みたい私は、強い抵抗感もなく席に着くことにした。
個室料金?ってのももったいないし。

当店ではお食事のメニューはございません。
すでに春山様のお食事の準備にとりかかっていますのですぐにお持ちします。
飲み物は何にされますか?」


好きなもの食べられないんですか!?
そりゃまた変わったことを・・・。
どんな食事ですか?」

「えっ~とぉ~・・・
春山様は塩分を控えめにした高血圧症食ですね。
お食事内容は、御飯とみそ汁と焼き魚と果物です。
食事メニューを限定することで効率よく作ることが出来る分、すーぐ出来上がりますよ!
お酒を飲むことと、この店独自のサービスを楽しむことを目的としたシステムですのでご了承くださぁい。」


「高血圧の食事って!
何で俺が高血圧だって知ってんの!?
さっきから気になってたんだけど、どこからの情報ですか!?」

「・・・・」

おい!俺の酒はまだなのか!!
このナースコールとやらを押しても、だんだん来なくなるじゃねーか!
酒呑める以外にも、いろんな世話してくれる店だと思って来てみたら、俺をバカにするようなことばかりしやがって!

昨日から飯も食ってねえぞ!
酒飲まなきゃやってらんねーよ!
早く持ってこいバカ看護婦!!」


突然、同室にいたジイさんが大声で叫びだした!
ひどく酔っている様子だ。

「夏谷さん!
他の人に迷惑よ!
お酒はもうすぐ持ってくるって!
それに食事食べてないわけないやろ。
酔っぱらいすぎやん!」


「うるせーよ!
俺をまた騙す気だな!
アル中老人扱いしやがってぇ~!!!」


夏谷というジイさんは凄い勢いでオシボリをスタッフの那須さんに投げつけた

「痛い!
すぐ持ってくるって。
もう・・・・」


「すみませんね、春山さん。
いきなりご迷惑掛けて・・・
すぐ食事お持ちしますので。」


「いえ・・ビールをいいですか?」

「わかりました。
すぐ食事とビールをお持ちします。」


そういうと彼女はそそくさと調理場へ向かった。
同室者の突然の豹変に呆気にとられた私は、自分の情報がどこから伝わったのかを聞くことなんて忘れてしまっていた。
それよりもこの暴れるジイさんと同じ部屋でこれから酒を飲むことが不安でいっぱいになったのだ。

このジイさんにこれだけ酔っていていつまで呑む気なんだ?

それに那須さんはこのジイさんにはタメ口で話していたが、常連なのか?

オリボリ投げつけられたことを奥の方で他のスタッフに言っているようなジェスチャーをしているな・・・


2分もかからずに那須さんは私の食事とビール、それにジイさんの酒を持って戻ってきた。



続く・・・



☆この物語は、登場人物もシチュエーションも台詞も全てフィクションです!
 
 こんな店体験してたいですか


 
 次回、第3話では酒を飲むごとに受けられるサービスの数々が明かされていきますよぉ~
 
 お楽しみに!

いつも応援ありがとうございます!大変励みになっております
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ     
人気ブログランキングへ

→☆居酒屋「怪誤」 第1話を見逃した方はこちらから見れます←☆

居酒屋「怪誤」

居酒屋はじめました。

夏を彩る怖い話。
さあ、はじまりはじまり・・・・


「4人の世界」 新シリーズ



居酒屋「怪誤」

第1話  不思議な店




私はお酒が大好きだ。
普段から浴びるほど酒を飲んでいる。

妻が
「近所に新しく居酒屋が出来たから行ってきてみたら?
あなたのお友達の虹丸さんが店長してるらしいわよ。
何か店員は看護婦さんの格好してる人とかいて、
普通の居酒屋じゃ体験できないような感覚が味わえるらしいよ。」

というので気になっていた。

ちょうどお盆でした。
妻は子供と一緒に里帰りしていたので、仕事帰りに一人だが立ち寄ってみることにした。

あった。

あれかな?

居酒屋「怪誤」?

少し見えにくいところにあるが立派な建物だ。


カランコロンカラン♪

「いらっしゃいませ。お客様お一人様ですね。御予約の方ですか?」

「いや、予約はしてませんがそんなに混んでますか?駐車場に車はありませんが・・・・」

「申し訳ありません。只今51人待ちとなっておりまして。あの~お名前を伺ってもよろしいですか?」

「51人待ち!?店長の友人の春山春鬼ですが・・また出直してきます。」

「!? 春山様ですね!かしこまりました。
座席調整を致しますので、少々お待ち頂いてよろしいですか?」


「えっ?わかりました。すみませんね。でも、そんなに待ってる人がいるのに大丈夫ですか?」

「はい。お任せ下さい。」

そう言ってその店員は奥へ消えて行った。

どこの世界にもコネというものはきくものだ。

しかし、51人もの待っている人はどこにいるのだろうか?


そんなことを考えながら、待つこと約10分・・・・


奥からあの店員と一緒に看護師の格好をした女性がやってきた。
「大変お待たせ致しました!お席までご案内します。」

なんと本当にこの居酒屋は看護婦さんに接客してもらえるようだ。
こりゃなんとなく緊張しそうだ。

「初めまして!春山様を担当させていただきます那須と申します。
では、この車椅子に乗って下さい。お席までお連れします!」


「えっ?車椅子?そこまでするんだ。凝ってますねぇ~この店!でも、いいですよ。歩けるし、なんか恥ずかしいから。」

「ダメです。ここはそういう場所なので。事前の情報でも、かなりお酒がお好きなようですね。
酔っぱらってふらついて転倒でもされたら大変ですし、これに乗って下さいね。」


「・・・わかりました。」

急にそこまで言われると言い返せずについつい言われるがままにしてしまった。
今考えるとなんて失礼な店員なんだ。

ん? 事前の情報ってどこから?・・

こうして私は、この不思議な店に入店した。

これが恐怖の始まりになろうとは知らずに・・・。


続く・・・

☆この物語は、登場人物もシチュエーションも台詞も全てフィクションです!
 続きは不定期更新です。
 衝撃の問題作にならないように気を付けます。
 次回をお楽しみに!

いつも応援ありがとうございます!大変励みになっております
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ     
人気ブログランキングへ

真夜中のさがしもの

「真夜中のさがしもの」といっても、夜中にあれがないこれがないとゴソゴソしている老人の話しではありません(>_<)

先日、プラネタリウムを見に行った家族日記です。

佐賀県武雄市にある佐賀県立宇宙科学館というところに初めて行ってきました。

もうすぐ妻が次女を出産するので、家族3人で少し遠出をするのもこれがたぶん最後。

ちょっぴり寂しくもあり、1人増えたら楽しいだろうな(でも大変だろうな)と思いつつ高速道路で武雄へ。

高速に乗ったはいいものの、道中は凄まじい雨

前も見えない・・・とノロノロ運転で約1時間以上かけてようやく到着っす。

雨ということもあるのか、宇宙科学館はそれなり人出。
子供会まで来てるよ・・・。
館内は小学生が大騒ぎです

プラネタリウムも含めた、館内の全てのコーナーが利用できるフリーパスのようなものでも、大人1000円もかからないので、水族館などに比べればかなりお得でした。
子供は100円ですし。

建物も大きく綺麗ですし、
内容もそれなりに大人から子供まで楽しめる工夫が随所に感じられました。

最近は、他の水族館や動物園に行っても感じるのは、
私の子供の頃とは違って各施設いろんなアイデアを取り入れて独自性を出していることです。

昔と同じ作り、いつ行っても同じことしかしてないような場所は、やはり廃れているしもう来なくていいと思ってしまいます。

宇宙科学館の場合は、プラネタリウムのナレーションがテープではないので、
たぶん毎日少し違う内容を話しているのがわかりました。

私の観た「真夜中のさがしもの」という回の投影も、
科学館の各コーナーとストーリーを絡めた工夫された内容でした。

あとは、施設スタッフの教育に力を入れているように感じました。

この人は無駄だなというスタッフが見当たらなかったこと、そして館内を大声で走り回る小学生の男の子どもに

「科学館では走らない!」

「少し声が大きい!」


と怒鳴りつけていましたから。

客だというのに

あの子供の数がいたら、子供会の引率者なんてあまり役割も果たしていませんでしたから、あれくらいスタッフの方が言ってくれると助かります

ちょっとマイナス査定だったところは、まずレストラン。
食べ物があるのはレストランしかないので、あれじゃ人が1カ所に集中しすぎます。
さらにそうなることがわかっているので、午前中のメニューはバイキングのみにしてある。
ちょっと食べる気になれませんでした。
マックかなんか買って行った方がいいかも。

あとは、トイレがかなり狭いのも残念
人もすれ違えないほどの通路なので、小学生が走って入ってくると本当に危ないです。
トイレ内の小便器の前には、月面に降り立ったアームストロングさんが

「この1歩は小さな1歩だが、人類にとっては偉大なる1歩だ。さあ、あなたも1歩前へ!」

と便器に近付くよう誘導してました

全体的にはうちの娘には少し早いかな・・
という内容の科学館でしたが、それなりに楽しめました。

値段以上の価値はあると思います!!

特にプラネタリウム良いです

私は、小学生の時に観た以来、

約20年ぶりのプラネタリウムでした

きっとその頃のプラネタリウムよりも進化しているのでしょうね。

真っ暗闇での満天の星空には、

少し・・いや、かなり感動しました

約6000の煌めく星たちに、妻も娘も感動。

その中でも、

ベガ☆アルタイル☆デネブの夏の大三角形

ひときわ輝いていますね

長時間の投影を終え、出てきた頃にはもう15時。

昼食を摂らずに遊んでいた私達はすぐに退館

外に出ると、大雨は止みなんと一面の青空

数時間の間に大雨→星空→快晴を味わった私達。

さあ、今日の夜空は綺麗かな

いつも応援ありがとうございます
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ     
人気ブログランキングへ

釣りに行ったらこうなります★

釣りに行ったことありますか?

私は高校の時、よく行ってました。
雷魚やブラックバスや鯉を釣りに。
今でも年に1~2回くらい、友達と宮崎や長崎にシイラを釣りに行ったりしてます。

そんな釣りの最中に、自分、友達、知らないおっさんなどが言いそうな(実際にあった)名言集です。
きっと釣りに行ったことある人ならわかるはず


☆「今日は釣れんね・・・」

☆「ビギナーズラックやね!」

☆「針とって・・。魚触りきらんもん」

☆「この魚、針、超飲みこんどるけんね」

☆「ここ何が釣れるとね?」

☆「さっきこげん太かとのかかったんすけど・・・」

☆「またバラした?」

☆「今のマジでデカくなかった?」

☆「エサだけ取られるし(怒)」

☆「もう、またバックラッシュ・・・」

☆「4人おるけん、やっぱ麻雀しとけば良かったね・・・。」

☆「女釣るのは上手いのにね」

☆「俺、スイミーみたいな小魚は釣らん主義やんね」

☆「お前が来ると、いっつも雨やん!」

☆「ここ落ちたら上がれんよね・・・」

☆「あれ河童じゃね?」

☆「キャッチ&リリースとかもったいない。食べようや!」

☆「釣れたんじゃない。釣ったんだ!!」

☆「この魚、いくらくらいで売れるやか?」

☆「ラーメン食い行こうか?」

☆「待って、あと一時間だけ釣ろうや」

☆「まだ釣りよると!?

☆「食べられる魚釣ってきてよね!」

☆「釣りは引きを楽しむものやもん」

☆「一度キャッチした幸せも、リリースしちゃいかんよ!」

錦鯉ゲットん
↓  ↓  ↓
トラコミュ
釣、魚釣り、フィッシング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリの紹介♪
☆応援いただき感謝です☆
目指せランキングBEST10!
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ

人気ブログランキングも熱い!

人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム
人気ブログランキング
4人の世界★お薦めアイテム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。