☆家族・介護・ハンター・競馬・あれこれ☆みんなで楽しむブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

介護用語の使い方について①

普段、施設において用語の使い方が間違っていると思うことがあります。
私は職場を変えたこともありますし、介護福祉士からケアマネになったことでの異動も経験してるので、環境が変わった時には施設ごとによく使う用語があると感じます。
記録や申し送りにおいて使う用語や表現はやはりその部署で主となるスタッフが使うものを新入職員が同じ使い方を自然とするようになり、フロア全体がそれが当たり前になるのではないでしょうか。
ある程度の経験を積んだ介護・看護職者ならいくつかの職場や部署を経験してるので「ん!?」と思ったり、気にもせず自分の覚えた表現のままでいく人もいるように思います。
その一例をいくつか挙げて、今後委員会や指導の場面で指摘して、施設全体が正しい用語の使い方が出来るように変えていきたいと思っています。
まずは「体位交換」「体交」です。
教科書では間違いなく「体位変換」と習いました。
どの介護用語事典を見ても「体位変換」はあっても「体位交換」という用語はありません。
ところが「体交」と言えば多分福祉関係の人にはほぼ通じると思います。
どうやら「体交」は昔から使われて、略しても分かりやすいからのようですね。でも・・


パッドは「交換」しますが、体位は「交換」しないです。
日本語の意味からも、元々習った用語から言っても、やっぱり「体位変換」です。
(>_<)

次回・・さっき出てきた「パッド」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリの紹介♪
☆応援いただき感謝です☆
目指せランキングBEST10!
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ

人気ブログランキングも熱い!

人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム
人気ブログランキング
4人の世界★お薦めアイテム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。