☆家族・介護・ハンター・競馬・あれこれ☆みんなで楽しむブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HUNTER×HUNTER NO.328 「手配」


クリスマスソング の エンドレスリピートな 今日この頃


雑誌がズラッと並んでいる中に

「イルミ特集」 と書いてあるのを見て


一瞬ハンター×ハンターのことが脳裏をよぎったのは誰だい?



アタシだよ !!


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
週刊少年ジャンプランキング


これ以降は感想になりますドクロ

※ ネタバレ注意 !!!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




スピードキングはツボネ?

次の町パラスタまで40㎞地点の山沿いの舗装道に出たキルア&アルカ。

キルアの計算では、そこまでなら神速でぶっ飛ばしても充電は持つと考え、全力で走ることにした。

追っていたツボネは、
スピードが出しやすくなった道ではキルアには追いつけまいと単独追走を断念する。

そこでツボネがとった手段が・・・
自分はバイクに姿を変え、呼び寄せたアマネたちの念を原動力に走行し、キルアを追っかける。

キルアの神速という能力は事前に把握していた様子の父シルバとツボネら。
いざという時はツボネはバイクに変形して、とんでもないスピードが出せることをアマネも承知していた言動もありますね。


ここで、一体誰がどんだけのスピードで走れるのか思い返してみたいのですが

キメラアントのスピードキングと称されていたのがヂートゥ
奴は飛んできた弾丸が自分の前髪に触れる瞬間に消え去るという芸当を見せました。
しかし、そんなスピードにもモラウとナックルは目を慣らして対応できた。

ヒソカもつい先日、ゴトーさんが追視できないほどのスピードを見せつけた。

ネテロからぶっ飛ばされたあとに、王の元に一瞬で駆けつけたピトーも超速。

そして、誰もが最速であろうと認識しているのがキルアの神速であり、
プフやユピーですら手も足も出なかった素早さでした。

今回、ツボネの発言により
「キルアがアルカを抱えたまま神速/電光石火の全力で飛ばせば40㎞くらいを10分程度で着くだろう」
ということが判明しましたね。

実際のツボネに追いつかれた場所から空港までの距離やかかった時間は不明ですし、
舗装道から森に逃げ込んだこともあり真っ直ぐを全力で走ってきたとは思えませんので正確な速度はわかるはずがない。

ただし、神速追いかけたツボネが言うのですからスピード感は間違っていないでしょう。
計算するとキルアの神速は時速200㎞以上!
それにあっさり追いつけたツボネバイクはキルア神速の倍以上のスピードが出ているものと考えられます。

だけど、
これは本人の走りではなく乗せた他人(複数可)のオーラを使っての移動手段にすぎない思います。


だから、やっぱスピードキングはキルアってことでよろしいですか?



女神パーム。純粋コムギ。萌えアルカ。家政婦アマネ。

ハンターハンターは少年バトル漫画の枠を越えて
青年や中年にも「強さとは」「人間とは」を問いかける形にシフトしてきましたが

この連載再開後は、
明らかに女性キャラをひきたてることで物語にアクセントをつけられていますよね!

従来からのハンターファンは、
その部分には全く期待してなかったと思いますし
個人的にはこの漫画にそういう乙女心の描写的なものはいらんのですが、
そのようなニーズは潜在的に高いということでしょう。

亡霊のようなパームは、美しい涙を流す女神となり。
王に見下されていた盲目のコムギは、全てを包み込む偉大なる母となり。
アルカイックスマイルで登場した闇から来たナニカは、俺たちの妹的な萌えキャラとなった。


今号では空港に先回りしていたアマネらが、
キルアに指示を受けて連絡・調整に奔走するシーンが描かれましたね。

たったそれだけのシーンで

無愛想で感情もなく任務を遂行する執事とみられたアマネは、
ぶりっこさすら見え隠れする乙女家政婦へと一瞬にして変貌を遂げました。

いずれも、初登場時とは別人のような顔でありますが

その点について不満を持つ者は皆無でしょう。


確実に殺られたとみられたパームの奇跡的な復活ありーの、
最強の王に添いとげたコムギが死んだ場面は割愛されーの、
完全に命を狙われているアルカは何だかんだで無事―の、

ですので、ファンが15倍は増えたであろうアマネの今後の扱いが気になります!



イルミとヒソカの運命は!?

さて、急展開です。
飛行船に乗ってゴンのもとへ向かったキルアとアルカ。

他の執事たちも8機の飛行船に分乗して追尾していくと思われます。

ゾルディック家の規則を遵守し、違反即拘束が目的とみられた執事たちの協力もあり
キルアはモラウに電話で今回の事の経緯を全て打ち明ける。


気になったことは、
ツボネはアマネ達を呼んだのにゴトーが来ていないことについては一切触れず、
カナリアはゴトーに電話するも繋がらず不安な表情となり、
モラウも「ゴトーさんと連絡がとれなくて」とわざわざ発言し、
キルアも「オレからもゴトーにかけてみる」と言及した点です。

ゴトーの件は決着したのですが、
私が先週の感想でもしつこく書いたとおりヒソカに惨殺されたとは結論付けられないのです。

今週もこれだけゴトーの名前が出てきたということは、
あの後どうなったかが描かれるフラグともとれます。


やはり、ゴトーさんは死んでいない可能性がある。
もちろん、ハッキリと死体として再登場するかもしれませんし
ヒソカの口から、ゴトーに何をしたのかがキルアに告げられるという場面とかアリそうですよね!?


飛行船が上空に位置した頃に空港に到着したイルミ兄さん。

何してたんだい?
完全にキルアたちを見失って、ヒソカからの連絡で空港に来たのかな?

車で山道を追ってきたようですが、出せたスピードはさすがに100㎞前後でしょう。
ツボネの計算通りのスピードでそれぞれが動いたということです。


それよりも謎なのが、ヒソカがどうやって車よりも早く空港に来たのかです。

まあ、ゴトーが追視できないようなスピードの持ち主なので、
ゴトーとのバトルの後、並はずれた標的追跡能力でアマネらを追ったということになりますね。


ヒソカとイルミが合流し作戦を練り直す。

イルミは、
ゴンの病院近くで待ち伏せをすると、キルアの仲間もいるだろうから
アルカ暗殺に失敗する確率が上がってしまうと判断しました。

そこでイルミが考えた次の手が「針人間を使っての襲撃」

まるでネフェルピトーのような禍々しいオーラを纏った特製の針を取りだす。

ヒソカも興味津々です。

それを刺された者は、死ぬまで命令通りに頑張ってくれるらしい。
「てゆーか頑張りすぎて死ぬんだ」と言うくらいですから、キルアたちを崖から突き落としたトラック運転手たちのように、自分の能力を超えた力を発揮して壊れるという表現が適切でしょう。

しかし、キルアはイルミがそのような手段をとってくることをモラウに断言し、
イルミがしていることは犯罪行為だからハンターたちの協力を得て、兄貴を狩って欲しいと依頼。

さあ、総力戦です!

全面戦争です !!



イルミ&ヒソカ VS ハンター協会


さらなる参戦もあるでしょうし、
どさくさに紛れて別の目的を行使してくる者も出てくるかもですし。

俄然楽しくなってきましたよ ! 俄然 !!

ん?
イルミがヒソカに頼んだ「ハズレを狩ってくれ」の"ハズレ"とは何を意味するのか?

キルアとアルカが乗っている「飛行船」ではない = ハズレかな。



死ぬのはどっちだ

「針人間」という名の戦闘兵を量産し、ゴーサインを出したイルミ。

対するは、テラデインやブシドラなどのハンター協会会長選挙でも上位に位置する脱会長はと呼ばれる優秀なハンターたち。

またまたハンター十カ条という言葉がクローズアップされましたね。

これが何なのか明確には述べられていませんが、
もしイルミ狩りに成功したあかつきにはこの方々の誰かが会長に就任するという展開で間違いないでしょう。
イルミにとっては予想以上にマズイ展開です。

モラウからの忠告により、あくまでも「針人間の捕獲」がミッションなわけですが、
迂闊にも「飛行船に近づく者は全員捕獲」と指示しましたので、
イルミかヒソカと直接対峙した場合には協会側が全滅という展開も十分考えられます。
てか、その確率の方が高いですね。
そうなるとハンター十カ条改定について推進する者がいなくなり、
これ以上その内容については触れられなくて良い。
理由づけのための十カ条というルールを小出しして、そのまま深くは書かないとも推測できますね。
なので、このグループについての考察はやめときます。
来週には誰もいなくなったりしたら、半泣き状態になることになるし。

イルミやヒソカが殺られるとしたら、キルアまたは、このグループ以外の第3者でしょう。


ついに、「会長選挙の行方」 と 「ゴン救出」 と 「アルカ暗殺計画」 が一直線に繋がり

それぞれの利害関係が絡んでくる展開になりました。


さらに、モラウが少しだけ口走ったように

アルカの闇の能力を利用しようとする奴が参戦してくる可能性が極めて高い。


イルミ狩りの理由についてモラウがハンター協会にどこまで話をしたかが定かではありませんが

アルカの能力を嗅ぎつけて奪おうとする者が現れれば

事態はより複雑化します。



それが パリストン なんかだったりしたらなおさらね。。。



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
いつも応援してくださってありがとうございます


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
週刊少年ジャンプランキング


にほんブログ村 トラコミュ HUNTER×HUNTERへ
HUNTER×HUNTER
週刊少年ジャンプ
週刊少年ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ漫画大好き
漫画、マンガ、まんが、コミック

ハンターをほとんど知らないくせに、何故か私もイルミ特集という文字をみて、同じことを考えました。知らず知らずに刷り込まれてる!
[ 2011/12/15 00:08 ] [ 編集 ]
あくびさんへ
すでに念の針が刺さっているようです。
イルミに操作されています。

今年は土日なクリスマスですが、通天閣イルミでも見に行けそうですか?
私は、福岡県民ながらまだ新博多駅に行ったことないので、超人多そうですが行こうと思います。
覚悟して買い物に付き合ってきます( ´△`)
[ 2011/12/15 00:21 ] [ 編集 ]
クリスマスの予定はありません(笑)

ところで男性が女性の買い物に付き合うのには、”暴動を制圧するほどのストレス”がかかると、テレビで言ってました。
火星さん、健闘を祈ります!
[ 2011/12/15 15:20 ] [ 編集 ]
あくびさんへ
ご自宅でパーテーですかv-352

なるほど・・・では男性預り所にいようと思いますi-230

いえいえ、私はサプライズできないタイプでしてi-201
暴動級にたくさんの人でごった返しているでしょうが、一緒にプレゼント選んできますi-72
[ 2011/12/15 20:14 ] [ 編集 ]
ここ面白い感想書いておられますね。
イルミの密告者は誰だと思います?
[ 2011/12/16 10:10 ] [ 編集 ]
ギャアアアー!
ヒソカとイルミが死んじゃうかもじゃーん!
[ 2011/12/16 10:28 ] [ 編集 ]
風邪薬さんへ
ありがとうございます。
少しずつ密告者が誰なのかを推測するための情報が出てきていますので、来週記事で書かせてもらいますねv-218
[ 2011/12/17 12:57 ] [ 編集 ]
カルカンさんへ
イルミらにとっては圧倒的不利な形勢になりつつありますが、この2人はそう簡単にやられないと思います。
感想にも書いたとおり、テラデイングループの方が死亡フラグは立っているとみています。

ただし、どんなに主役であろうと命の保証はないのがハンター×ハンターでして・・・
[ 2011/12/17 13:00 ] [ 編集 ]
今、何巻なんですか?
そんなに面白いなら読みたくなってきましたよ。
追いつける?(?_?)
どこかの床屋さんとかに全巻置いてないかな~。
渥美半島の床屋さんとか・・・
[ 2011/12/19 14:08 ] [ 編集 ]
かえるママ21さんへ
只今、13年間で29巻まで出ています。
ワンピースの半分以下ですので間に合いますよ。

今年、連載再開してからの分が、あと1話で2巻分溜まるので、年明け早々休載に入るのでは?とも考えられますね。

ワンピースやドラゴンボールはどこにでも置いてありますが、ハンターハンターって見かけないですね。
売り上げは凄いはずなんですが、万人ウケする漫画ではないのは確かです。
渥美半島の床屋さんには置いてあると思います。
ジャンプもあるはずです(笑)

[ 2011/12/19 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリの紹介♪
☆応援いただき感謝です☆
目指せランキングBEST10!
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ

人気ブログランキングも熱い!

人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム
人気ブログランキング
4人の世界★お薦めアイテム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。