☆家族・介護・ハンター・競馬・あれこれ☆みんなで楽しむブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HUNTER×HUNTER NO.337 「懺悔」


今号は、
これまでのハンター×ハンターの死生観を言語化した話といっても過言ではないでしょう。

人それぞれ、受け取り方が違うかもしれないとても難解な回です。


それを、今までたった一度しか出たことのないコアラに全てを語らせるとは・・・
表情もなく淡々としか描けないキャラに、これをやらせるとは冨樫先生凄いと思いました。

たぶん、ワカさんとかは好きな回だったのではと思います。
早く戦闘を書いてくれと願う読者にとってはやきもきするでしょうね(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
週刊少年ジャンプランキング


これ以降は感想になりますドクロ

※ ネタバレ注意 !!!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



コアラ再登場

場面は洋館でのカイトちゃんとコアラの会話に移る。

キメラアントのコアラが何年かぶりの再登場ですね。
ほんのワンシーンでの登場だったにもかかわらず、コアラのことを覚えている人も少なくないでしょう。

以前登場したときのことを思い出すと

何かを質問したコアラに対して、
人間の大男が「人間様に指図すんじゃねー!」と言いながら大木を振りかざして殴り殺そうとした。
コアラは「人間と蟻のどこが違うんだか・・・救えねぇ・・・」のような言葉を言って逆に撃ち殺したというシーンでしたね。

そのようすを見ていた当時の師団長のメレオロンに、
「生け捕りにしないなら、そういう部隊に行けよ」と言われて、
腑に落ちない表情で「救えねぇ」とまた言っていたのが印象的なコアラでした。

今回の再登場では、
その時にメレオロンが指摘していた「お前は昨日も女の子を撃ち殺しただろう」という部分は事実で、それをカイトちゃんに懺悔しに来た場面が描かれています。

どうやってコアラがカイトちゃんを探し出したのかは不明ですが、
どうやらその女の子の姿にカイトの魂が転生して、今存在しているようです。



コアラ「小さいという概念」を説く

コアラは蟻に生まれ変わる前の記憶を多少なりと保持していた者だった。
たぶんNGLの闇の組織の殺し屋かなにかで、命令が下ると部下とともに人を消す仕事をしていたようです。


以下、コアラの「小さいという概念」

その頃は、魂なんか信じちゃいなかった。
人はノミやハエと同価値の存在で、ただ生きて死ぬだけ
自我なんてものは、
他の生き物よりも少しばかり脳が複雑になったための「バグ」だと思っていた。
死んだら終わり。
分解されてチリになる。そのツブには意味がないと思っていた。

だが・・・
こうしてオレはここにいる。
全く別の姿なのに・・・同じようなバカをまた繰り返した。
それは何度死んでも同じだった。
死んで分解され小さく分かれて「これくらい小さくなったら終わりだろう」と勝手に思っていた物質には、
想像が及ばないほどのパワーがあった。
それはオレたちの健康に影響を与えるほどのエネルギーを何万年何億年と出し続ける。
さらに小さなDNAにはオレたちを形成する膨大な量の情報が、二重螺旋状に詰まってる。

そんな、限りなく、途方もなく小さいものが、
宇宙という莫大な空間を生む条件
だったりするんだな。

小さいという概念は、
そのものが発し得るエネルギーの総量とイコールではない。

魂はおそらく「小さい」が、
繰り返すだけのエネルギーを持っている。

だからこうしてオレはまたここにいる。
そして、繰り返してしまった・・・。


と。



何のために生まれ変わったのか

コアラは「じゃあ、オレは何のために生まれ変わったのか?」を考えた。


繰り返すため?

いや、ここからは感覚と想像でしかないが
「繰り返しちゃダメだ」とオレの中のどこかが言ってくる。


おそらく

繰り返したり、やり直したりしなくちゃいけなくなったのは

生きてるうちに心に与えるべき何かが足りなかったからだと思う。



小さいコマでサラッと描かれていますが、とても深いメッセージですよね。


まるで「100万回生きたネコ」を思い出させる一文です。


コアラは「このままでいいはずがない」と思いながら、「選択を誤った」と悔いた。
だから、自分はまた繰り返すことになるであろうし、やり直さなくちゃいけないと。



懺悔からの

コアラは女の子を撃った理由を語り始める、、、

女の子がキメラアントたちに追われていた。
その連中は人間を捕らえたら生かしたまま嬲り殺すことを楽しむとことんゲスな奴らだと知っていた。

女の子は、辺鄙で何もないが、そのかわり平穏な暮らしをしていた。

ところが、ある日突然
理不尽な暴力にさらされて死ぬ人生を迎えようとしていた。

コアラが蟻に生まれ変わってから思っていたこと、、、
それは「ああ・・同じこと繰り返してる」。

そんなサイクルから「逃げてくれ」って祈りながら女の子を撃ったと説明。


でも、そんなことは理由にならない。
それは言い訳で、「逃げる手助けをした気になりたかっただけ」とコアラは気付いていた。


以下、コアラの懺悔

やっぱりそれは間違っていた。

本当に撃つべきだったのは
少女ではなく、追ってきた連中だった。


何てことはない1番のゲスはオレだった。

オレは自分を守るために彼女を撃った。

そして姿だけ似ているアンタに懺悔することで

また自分だけ救われようとしてる。

全く・・・救えない話だ。



なるほど。
初登場シーンの「救えねぇ」は、自分自身に言っていたのですね。

あの時からすでに、今回の懺悔シーンは出来上がっていたに違いありません。




カイトちゃんの返答

最後まで聞いてくれたカイトちゃんに感謝した後、その場を立ち去ろうとするコアラ。

「待てよ。逃げるな。」とカイトちゃんが呼び止める。

そしてカイトちゃんは、これからコアラが歩むべき道を示す!


お前はあたちと来い。

お前が撃ったあたちのそばで、これからずっとだ。

これからずっと「これしかない」って生き方をするんだ。

これはお前の義務だ。

選択の余地なんか無い。

自ら死んでリセットなんて誰が許すものか。


毎日あたちに謝りながら生きろ。

二度と「このままでいいのか」なんてヒマでクソな考えがもたげないくらい、こき使ってやる。

あたちのために生きるんだ。

もしお前が、ちょっとでも今の覚悟を忘れて堕落したら

あたちが殺してやる。

安心して生きろ。



これはちょっとどこからどう私の中で理解していけばよいのか上手く説明できません。

考えさせられることが多すぎます。

設定としては、自分を殺した人の懺悔に対しての言葉ですからね。
自殺者があとをたたない問題や、死刑制度のことが脳裏をよぎりませんでしたか?

「許す」ってなんなんだろう?
今の自分からは出てこなかった言葉だなと思いました。


コアラの心は動かされた。

悪かった・・・楽になりたくて全てから逃げようとしていた。
苦しくても生きてみるよ。
「精一杯やった」って死ぬとき思えるように。



殺人級の悪いことをした者からのこの台詞が許されるのかどうかについては賛否両論であるでしょうね。

でも、コアラならきっとカイトちゃんのもとで生きることで
もう生まれ変わらないための「心に与えるべき何か」を得られるのではと信じさせられるシーンでした。



今後の展開は予測不能

先週はゾルディック家の件。
今週はカイトは生きてるの件。
ともに区切りを付けましたね。

ゴンはカイトに「一緒に戦うための力が足りなかった」と謝罪。
お互いに力が足りなかったことを認め合い、仲間がいたから今こうして生きていることを語り合った。

なぜか、カイトはジンとすでに話をしていた様子。
ジンもカイトと話したことを匂わせる発言をしていたことから、
この伏線もいずれ回収されるのか?(笑)

ジンに再び会いにハンター協会に戻ったゴンでしたが、
これは予想通りジンは旅立った後。

「世界樹のてっぺんで待つ」
という、これからのキーワードとなる言葉を残していました。

さて、次週からはどんな展開に持ち込むの冨樫先生!?

Xデーのこと?
ジャイロのこと?
クラピカのこと?
クロロと幻影旅団のこと?
ゴトーのこと?

ところで、何故に今回から極端に絵が雑になったの!?
(私はこういう絵が大好きですが。コミックになってのちゃんとした絵の読み甲斐があるから。)

さあ、新たなる冒険へレッツゴー!!

的な展開になるとは思えませんよね(笑)



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
いつも応援してくださってありがとうございます

ナニカ・・・ポチッと押してくれ。あい
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
週刊少年ジャンプランキング


にほんブログ村 トラコミュ HUNTER×HUNTERへ
HUNTER×HUNTER
週刊少年ジャンプ
週刊少年ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ漫画大好き
漫画、マンガ、まんが、コミック



スゴい深い内容ですね。
ワカさんとこも行って参りました。
今日読んだ本ともシンクロしてて、ちょっとビックリしましたよ。

アメブロ見て来ました~。
雄々しいですね!
[ 2012/02/28 19:59 ] [ 編集 ]
ハンタはワンピみたいにおつぱい要員キャラがいないのに男に人気あるんだよな。
おもしろいマンガにはおつぱいはいらないことを証明したと思うよ。
[ 2012/02/28 23:02 ] [ 編集 ]
絵の雑さがぱないのは終わりてこと。
次週予告が幾数年の時を経てになってる。
ゴンとジンがいくつか回顧して終了。
幽白の時の繰り返し。
[ 2012/02/28 23:39 ] [ 編集 ]
これは冨樫の自分への自戒なんだよ
もう休載は繰り返さないって
これからずっとハンタしかないって生き方をするんだ
これは冨樫の義務だ
選択の余地なんか無い
終らせてリセットするなんて誰が許すか
毎日あたち達のために描くんだ
もし冨樫がちょっとでま今の覚悟を忘れて堕落したらあたちが終らせてやる
安心して描け
頼むよ冨樫
[ 2012/02/28 23:53 ] [ 編集 ]
師団長が離散した時にコアラは敢えて根城に残っていたので
カイトちゃんとは誕生した時からずっと一緒に住んでますよぉ
[ 2012/02/29 01:46 ] [ 編集 ]
どうもです!

今週号は話が難し過ぎて、パラパラ漫画並みのスピードで読んでしまいました!
[ 2012/02/29 21:37 ] [ 編集 ]
かえるママ21さんへ
ありがとうございます!
ワカさんはいつもこういうことばかり延々と考えてる特殊な方です。
ちなみに妻夫木くん似です。

アメーバは、とても便利な面と、ゴチャゴチャしてる面があるので、
ブログ書くだけならFC2がいいですね。
ずっと放置してるのでそろそろあちらも何かしなくちゃ(汗)
[ 2012/02/29 22:03 ] [ 編集 ]
閻魔大王さんへ
なるほど。
確かにエロが大事な部分を担っている漫画も多い中で、
ハンターには胸を強調したキャラは皆無ですよね。
[ 2012/02/29 22:12 ] [ 編集 ]
ヨーク神さんへ
今回から急に絵が変わりましたからね(笑)
次週予告は全くあてにならないので大丈夫だとは思っていますが、
マジで終わったら泣きますわ。
[ 2012/02/29 22:19 ] [ 編集 ]
ケン坊さんへ
これそのまま冨樫先生に当てはめれるんですね(笑)
本当頼むよと言いたいです!
[ 2012/02/29 22:21 ] [ 編集 ]
名無しさんへ
えぇぇ~!?
記憶にございませんが、コミック読み直さなくては( ´△`)

あのワニとかどうなったんすかね?
[ 2012/02/29 23:03 ] [ 編集 ]
ワカさんへ
ワカさんは概念についてはすでに理解済みでしょうから

あとは速読術でタタタッてことですね!!
[ 2012/02/29 23:07 ] [ 編集 ]
先日携帯からこの記事を読んで・・・

夕べお風呂につかってる時に、なぜかこの記事のアレコレが頭に浮かんできてしまいました。

ぜんぜんリラックスできない風呂になってしまったww

[ 2012/03/02 16:46 ] [ 編集 ]
三代目さんへ
いつもありがとうございますm(__)m
今号はハンター×ハンターのどういうところが好きか、
どれくらい感情移入したりするかで、
内容の評価は天と地ほど分かれるでしょうね。
リラックスして読める漫画ぢゃないのは、
あたちのせいじゃないっすよ(  ̄▽ ̄)
[ 2012/03/02 22:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリの紹介♪
☆応援いただき感謝です☆
目指せランキングBEST10!
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ

人気ブログランキングも熱い!

人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム
人気ブログランキング
4人の世界★お薦めアイテム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。